カードローンでの資格取得や自分磨き費用などは損が多い?

カードローンは事業性資金以外では利用目的が自由であり、資格取得や自分磨きの費用に充てることが出来ます。
一見すると便利に感じますが、将来的に掛かる費用の投資という点ではカードローンは不向きです。そもそも、目的がはっきりとしているため、目的ローンの利用対象になります。
そして、直ぐに必要ではない借り入れとなるため、審査に時間が掛かってもデメリットではありません。

結果的に目的ローンを選択することで、適用金利は消費者金融のカードローンに比べ1/4、銀行カードローンにくらべ1/3の金利で借り入れが可能です。
便利かつ審査時間が短いというメリットを安易に選択せず、どの金融機関がどんなローンを取り扱っているか調べてからでも、遅くはありません。
むしろ、予算の浮いた分が返済期間の短縮に繋がり、より返済総額が抑えられることを理解しておくことをおすすめします。